×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔 肌 痛い

子育ての合間を縫ってスキンケアを再開!

出産後、毎日慌しい日々を送っています。
お風呂上りにゆっくりお肌のお手入れをする時間など皆無で、夏でも日焼け止めを
塗らずに外出したことなんて1度や2度ではありません。
そのツケがまわってきたのか、ここ1〜2年で私のお肌はダメージだらけで
一気に10歳くらい老けてしまったかのようです。

 

特にこめかみの下に出来てしまったニキビは見る度にため息をついてしまうほど
深刻な事態。
これを機に少しでもお肌のお手入れを頑張ろうと先日百貨店に行き、出産前に使っていた化粧品をひと通り揃えてきました。
顔なじみだったBAさんも私のお肌の変化に驚きを隠せない様子で、エイジングケア用のサンプルをこっそり大量に渡してくださいました。
嬉しいやら情けないやら複雑な思い出帰宅。
早速その日の夜からお手入れ開始!
これまでと違うのは、週に2度フェイスマスクをすること。
もちろん、顔にのせたままゆっくり横たわることなど出来ないため、
お風呂からあがったらすぐさま顔に載せて、子供を着替えさせたり、髪を乾かしたりするようにしています。
その後、続けて自分のスキンケアの続きを行い、寝かしつけをし、再びアイクリームを塗ったり、美容液を重ねます。
子供のお世話の合間を縫って始めたスキンケアですが、お陰で少しくすみがなくなり、ハリも戻ってきた気がします。
やはりスキンケアは継続しなければ意味がないようです。

 

大人ニキビの対策とスキンケアについて。

 

顎に沿ったUゾーンにできる、
大人ニキビの対策について考えます。

 

まず、夜7時以降は甘いものを食べないことです。

 

これは、
甘いものを夜遅くに食べた次の日には、
大人ニキビができていることが多いこと、
甘いものやカロリーの高いものを食べるとできやすい、
生理前のニキビはホルモンバランスが乱れやすい、
ということを考慮してのことです。

 

 

次に、
洗顔についてですが、スキンケアも含め、
5日に一回は夜に酵素洗顔をすることをお勧めします。

 

これを行うことで、
毛穴の汚れ(角栓のように凝り固まったタンパク質も)、
約3か月間続けることで、
見違えるようにきれいになります。

 

また、
2週間に一度のピーリングを行うと、
より効果的です。

 

もちろん、
毎日の夜の洗顔も、
しっかり泡立てた泡で、
なぞるように、手首の力で洗うように優しく行います。

 

 

その後、
化粧水ですが、
お風呂から上がって着替えるまで(約2分間)に、
掌で優しく、
「しみこめー」「しみこめー」と唱えるように、
しっかり時間をかけて、浸透させます。

 

続いて乳液も、
約2分間の間に浸透させるように肌につけ、
なじませることが、
保湿をたもつスキンケアとして、とても重要です。

 

 

以上の流れが、
大人ニキビを防ぐのに効果的だと考えます。

 

これは、
今まで見てきたテレビや医師の意見をもとにしています。

 

 

 

Produced by 毛穴黒ずみサイト,マンション売却サイト